危機的な歯科大学 歯科の広報活動に戦略が不足

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

歯科大学・歯学部は、今日の危機的にどうように対応しているのだろうか?

例えば、東京歯科大学では、多数の高等学校を訪問している。

いわゆる受験者集めに奔走している状況である。

「かつて考えられなかったことだ」と金子譲学長は述べている。

「現在、高校の先生や予備校教師の方々の歯科に対する感覚が非常に狭小で、一般の歯科医院のイメージを出ていない部分がある。歯科の背景に広大な生命科学があるという認識に至っていない」と同学長は現状の問題点を指摘する。

では、どうすべきか?

「この状況を打開していくためには、歯科の魅力を伝えることだ」

歯科界全体で、歯科の魅力を伝いきれていない。

広報活動のあり方が問われているようだ。

記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる