九州インプラント研究会25周年記念学術講演

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

九州インプラント研究会は、インプラント治療の向上を目指し、インプラントを広い視野から客観的に評価し研究を行っていこうと、開業医と少人数の大学研究者でスタートし25年が経ちました。その活動は(社)日本口腔インプラント 学会からも評価されて、1991年にはインプラント学会より臨床系の指定研修施設の認定を受け数多くの専門医を輩出してきました。

今回、創立25周年に当たり、来る12月11日(土)、12日(日)の2日間、25周年記念学術講演会を熊本市の熊本市民会館で開催いたします。大会のテーマは「Back to the Basics & Challenges for the FutureⅡ −九州インプラント研究会25周年における検証と新たな発信−」とし、20周年記念学術講演会でのProtocolにもとづいた検証をさらに発展させると同時にインプラントの長期性について考えていきたいと思います。

大会では同時に歯科衛生士、歯科技工士セッション、ポスター発表を開催し、同時に新しい情報としての器材展示をいたしますので、幅広い視点からインプラントを見詰め直す講演会にしたいと考えています。

全国から一人でも多くの方にご参加いただき、実り多い大会になりますことを祈念しまして挨拶といたします。

記事提供

© Dentwave.com

新着ピックアップ


閉じる