▶新規会員登録

ニュース

2009/06/16

医療関係団体・保険組合

スポーツ歯科における我が国の現状と課題

スポーツ歯学・歯科は、泣かず飛ばずの形容のごとくの様相と見られている。臨床現場で期待された、マウスガードの需要は伸び悩んでいる。それでも、バッターボックスに立ったプロ野球選手の口元からマウスガードが覗き見える場面がある。スポーツ歯学・歯科を進めるために、戦略が必要である。日本歯科医師会は、平成21年度の事業計画に、スポーツ歯科検討委員会を設置し、大久保満男会長が同委員会に「スポーツ歯科における我が国の現状と課題」について諮問した。最前線から見えてくるものもあるので、ようやく本格始動への足がかりが、見えてきたとが期待されている。

医科歯科通信記者

長年にわたり歯科界の動きをチェックし、鋭い視線で切り込みます。茨城県出身。(医科歯科通信)

新着ピックアップ


第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

ガムを噛んで唾液を出すだけ!唾液検査用ガム

医療広告ガイドライン対策