「進学フェア」に日大歯学部が初めてブースを出展

カテゴリー
タグ
記事提供

© Dentwave.com

  恒例の「進学フェア」がこのほど、さたま市のさいたまスーパーアリーナーで開かれた。  今年で9回目であり、埼玉県内の中高生へのPRの場として人気が高い。  開催日が歯科関係学会と重なったので、隣接した会場を一度のぞいてみたが、今回は、日本大学歯学部が初めてブースを出展した。  今回は小中学生も対象となり、歯学部では、少しでも歯学教育の内容を知ってもらおうとPRに努めたという。  ブースでは、歯科医師になるまでの流れや学生生活などをパネルで展示した。  また、歯の模型で歯周病の仕組みを説明して。さらに、附属歯科病院の歯科衛生士がクイズを出し、正解した来場者には歯ブラシやガムなどをプレゼントした。  この進学フェアには、日大附属高校4校も参加していて、説明会や歯学ガイドを配布した。  日大本部によると、毎年志願者が多い埼玉県下の高校生たちであり、効果的にアピールできたとしている。
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

閉じる