▶新規会員登録

ニュース

2009/08/17

大学関係・同窓会

「進学フェア」に日大歯学部が初めてブースを出展

  恒例の「進学フェア」がこのほど、さたま市のさいたまスーパーアリーナーで開かれた。  今年で9回目であり、埼玉県内の中高生へのPRの場として人気が高い。  開催日が歯科関係学会と重なったので、隣接した会場を一度のぞいてみたが、今回は、日本大学歯学部が初めてブースを出展した。  今回は小中学生も対象となり、歯学部では、少しでも歯学教育の内容を知ってもらおうとPRに努めたという。  ブースでは、歯科医師になるまでの流れや学生生活などをパネルで展示した。  また、歯の模型で歯周病の仕組みを説明して。さらに、附属歯科病院の歯科衛生士がクイズを出し、正解した来場者には歯ブラシやガムなどをプレゼントした。  この進学フェアには、日大附属高校4校も参加していて、説明会や歯学ガイドを配布した。  日大本部によると、毎年志願者が多い埼玉県下の高校生たちであり、効果的にアピールできたとしている。

医科歯科通信記者

長年にわたり歯科界の動きをチェックし、鋭い視線で切り込みます。茨城県出身。(医科歯科通信)

keyword

新着ピックアップ


「3X-Power System」を新開発!26Wへパワーアップを実現!

医療現場でも活躍! エアラ ブルーライトプロテクト

第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

医療広告ガイドライン対策