歯科医師の毎月の平均貯蓄額は?

この記事は
無料会員限定です。

歯科医師の毎月の平均貯蓄額は?

この度、Dentwave.comでは会員の歯科医師の方々に対し、「貯蓄状況」に関する調査を実施致しました。
調査は、2021年5月27日~2021年6月14日に行われ、153名の歯科医師の方々にご回答頂きました。

調査項目
1.歯科医師の年収
2.毎月の貯蓄状況
3.貯蓄していない理由
4.貯蓄の目的
5.毎月の貯蓄額を増やしたいと思いますか?
【関連コンテンツ】 歯科衛生士の毎月の貯蓄額は?「歯科衛生士のためのコミュニティcoe」
1.歯科医師の年収
年収に関して、「2,000万円以上」の回答が19.6%で最も高く、続いて「1,200万円~1,500万円未満」の回答が15.7%で2番目に高い結果となりました。

2.毎月の貯蓄状況
毎月の貯蓄状況に関して、回答者の51.6%が「7万円以上」と回答しました。一方で、回答者の21.6%が「特に貯蓄はしていない」と回答し、2番目に多い結果となりました。

3.貯蓄していない理由
「特に貯蓄はしていない」回答者の39.4%が「貯蓄する余裕がないから」と回答しました。

4.貯蓄の目的
貯蓄の目的に関して、回答者の62.5%が「老後の生活資金のため」と回答しました。

5.毎月の貯蓄額を増やしたいと思いますか?
回答者の70.8%が「増やしたい」と回答し、「現在の水準で十分だと思う」との回答は28.3%、「減らしたい」との回答は0.8%となりました。

DentResearch調べ
調査期間:2021年5月27日~2021年6月14日
調査人数:歯科医師153名(Dentwave会員)
【関連コンテンツ】 歯科衛生士のためのコミュニティcoe
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

年々”志望者が減少”… 薬剤師・歯科医師などの仕事にもっと関心を 北海道医療大学がチカホで仕事体験イベント

世界初の「歯磨き剤」は何が違う? 23年間の研究の末に開発した歯科医師に聞いた

日本には「歯科医師」が多すぎる!?歯科医師の「平均年収」とは

【プレスリリース】《医師・歯科医師・薬剤師・医療従事者向け無料オンラインセミナー》『Sunday Wellness Breeze Season 24』全6講演開催/セリスタ株式会社

【プレスリリース】《医師・歯科医師・薬剤師向け》無料オンラインセミナー3/31(日)朝10時開催 『バイオフィードバック・ニューロフィードバックの臨床での活用/ASD・ADHDなど発達障害、PTSD、トラウマ、不安神経症、IBS、アスリートのピークパフォーマンスへの適用+デフォルトモードネットワーク研究の最新情報』 講師:伊藤 明子先生(赤坂ファミリークリニック/院長)

【プレスリリース】《医師・歯科医師・薬剤師向け》無料オンラインセミナー3/3(日)朝10時開催 『リチウムと抗加齢医療』講師:満尾 正 先生(満尾クリニック/院長、日本キレーション協会/代表)

【プレスリリース】《医師・歯科医師・薬剤師向け》無料オンラインセミナー3/17(日)朝10時開催 『AI量子機器QQTのエネルギー治療とCHI Fractal Bioanalysisから見えてきた気と“神経力”の関係性』講師:森嶌 淳友先生(医療法人ふじいやさか 表参道ウェルネス統合医療クリニック/理事長・院長)

【プレスリリース】2024年度奨学生の決定

新着ピックアップ