Dental Support Organization(歯科医療支援機関)への参加をお考えですか?

Dental Support Organization(歯科医療支援機関)への参加をお考えですか?

記事全文を読むには
無料会員登録が必要です。

米国コロラド州コロラドスプリングス : 歯科医院の敷地を所有している歯科医師にとって、その敷地は歯科医院に次いで価値のある資産であることが一般的です。しかし、歯科医院をDSO(Dental Support Organization:歯科医療支援機関)に売却する際には、より広い敷地を所有しているため、歯科医師にとっては困難が伴います。デンタル・トリビューンは、医業経営の経験豊富な仲介業者に話を聞いたところ、協同組合グループに物件を売却することで、問題を解決し、歯科医師が部分的な所有権を維持することができると言います。

SARS-CoV-2のパンデミックでは、多くの個人歯科医院が苦戦を強いられました。今年初めに行われたHealth Policy Instituteの調査では、DSOや大規模なグループ診療所は、小規模な歯科医師主導の診療所に比べて、パンデミック前の患者数に戻っている可能性が高いことが示されました。Stanton Kensinger 氏は、M&Aアドバイザリー会社であるPTS(Professional Transition Strategies)のリード・ブローカーで、米国の39州で400件以上の歯科医院の移行を行ってきました。Kensinger氏によると、米国で売却を申し込まれる歯科医院の数は、パンデミック期間中に増加しており、運営しているDSOの数も増加しています。

Kensinger氏によると、診療所が入っているワンテナントの建物を所有している歯科医師が、DSOと購入の話をすると、自分の物件が水泡に帰す可能性があるという。彼はこう説明します。「最大の問題は、DSOが未公開株式の支援を受けている場合、その債務制限条項により、不動産の購入を認めないことです。それは、彼らがビジネスを購入することだけに集中したいと考えているからであり、副業として別のビジネスを持つことを望んでいないからです。私たちの経験では、これは多くの大手DSOに当てはまります。」

Kensinger氏によると、協同組合の仕組みを提供する未公開株式グループは、診療所をDSOに売却したいと考えているオーナー歯科医のために、多くの購入アレンジメントのニーズに応えることができる立場にあります。多くの場合、歯科医師やその他の医師は、診療所を売却する際に、単にローンのシナリオから抜け出したい、あるいは他の理由で不動産から解放されたいと考えています。また、医師が不動産の一部の所有権を保持し、リースを共同で保有し続けたいと考える場合もあります。
と説明しています。「不動産は、コンドミニアムであったり、独立した店舗やオフィスであったり、工業用の複合施設であったりしますが、私たちが声をかけられるシナリオは主に2つあります。1つは、歯科医院の売り手として歯科医師と協力する場合。もう1つは、歯科医院が不動産を売却したり、パートナーシップを結んだりしたいというものです。債務制限のためにそれができないので、多くのDSOが私たちのところに来て、公正な市場価値を提供したり、歯科医とパートナーになって何か大きなことをできないかと相談してきます。」

このシナリオでは、歯科医師は引き続き不動産の所有者となり、DSOが元オーナー歯科医師と提携するのと同じように、協同組合が歯科医師と提携することになります。Kensinger氏は次のように説明します。「このようなDSOとの取り決めにより、歯科医師は診療所の純利益に対する分配を受け続けることができ、不動産に関しても同様の状況を提供することができます。不動産についても同様です。歯科医師は、設定次第では、四半期ごとに分配を受けることができます。」

"最大の問題は、DSOが未公開株式に支えられている場合、債務制限で不動産の購入ができないことです。"

診療所の建物を所有している歯科医師がDSOに参加する場合、どのような結果になるのかという質問に対してKensinger氏は「シナリオによって異なります」と答えています。「協同組合と協力することで得られる価値は、歯科医師を教育し、最善の結果が何であるかを見極める手助けをすることです。シナリオはそれぞれ異なりますし、負債構造もそれぞれ異なります。私たちは、状況に合わせてすべての解決策を調整したいと思っていますし、それができる柔軟性を持っています。」

歯科医師がPTSのような協同組合に不動産を売却する場合、不動産の純利益からの収入源を確保することができますが、ここでKensinger氏は未公開株式の支援を受ければ、リースの価値が高まると指摘する。例えば、通りの反対側にある2つの企業が同じ業種で同じ収益を上げている場合、片方の企業が未公開株式の支援を受けていれば、そのリースはより良いリターンを得ることができると説明した。

彼は、「個々の歯科医師ではなく、未公開株式が支援している場合、リースはより価値のあるものになります」と強調しました。「そして、歯科医院と提携し、一定期間後にポートフォリオの一部として不動産を割安な資本金で売却することができるのです。」

記事提供

© Dental Tribune

ライター

Jeremy Booth, Dental Tribune International

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ