中学生が歯科技工所を訪問し職業体験-横浜市

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

タウンニュース 掲載号:2013年11月28日 横浜市立上永谷中学校の2年生5人が11月7日、(株)コアデンタルラボ横浜(港南区大久保)を訪れ、職業体験を行った。 同社は人工歯などの「歯科技工物」を製作する会社で、午前中は歯磨きをしないとどのように虫歯になるのかや、人工歯でどのように歯が機能回復をするかについて映像で学んだ。 午後には同社社員の指導のもと、指の模型作りに挑戦。歯科治療で歯形を取る際に使用する「アルジネート印象材」に水を加えて混ぜると2分ほどで固まるため、その間に指を入れて型を製作。出来上がった型に石膏を流し込み、指形のキーホルダーを製作した。 生徒らは「歯科技工という仕事があるのを知らなかったけど、職人技だと分かった」「実際に体験してみると難しかったけど、楽しかった」と感想を話した。 同社の片山和将さんは「歯科技工士は、世間にあまり知られていないが、高齢化社会には欠かせない仕事。どんな仕事か知ってもらう良い機会になったのでは」と手応えを話していた。
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる