電子レセプトによる可能となる審査

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

電子レセプト請求の現状について

4月8日

厚生労働省保険局 資料から

  

電子レセプトは、抽出や並べ替えが容易であり、システムチェックが行われる。

前月分以前のレセプト情報も記憶可能となる。

1)     記載もれ、点数誤りは全レセプトチェックが可能に。

2)     保険診療ルールについては、システムチェック項目の充実により、審査委員の審査を支援。

3)     医療機関単位以外にも、診療科別、疾患別、診療行為別など審査の重点化が可能に。

4)     診療科別、疾患別、診療行為別の審査結果を次月の審査に反映可能に。

5)     突合審査(医科・歯科レセプトと調剤レセプトの突き合わせ)、縦覧審査(複数月のレセプトを通覧する)が可能に。

記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる