▶新規会員登録

ニュース

2009/02/25

医療関係団体・保険組合

日本財団の歯科撤去物プロジェクト

<浅野常務理事の説明>

 昨年の夏であったと思うが、日本財団のお付き合いの中で出てきたが、歯科撤去物を扱って、現金化し社会貢献活動をするという、提案である。日本財団はかなり大きなお金を動かし、社会貢献活動を行っている。全国の先生方にご案内し、プロジェクトの趣旨を書いた文章やポスターを送る。合わせて、回収用のケースを送る。細かいことは決まっていないが、回収したもの現金化して社会貢献活動に使う。約1億円を日本財団が出してくれる。日本財団のホームページにも、日本歯科医師会が、このような事業に協力している、と掲載する。私としても、日本歯科医師会や歯科医院のイメージアップにはいいと思っている。どのような社会貢献をするかについては、これから検討される。患者さんには、このような事業をやっているので、協力してほしいと説明して、納得していただく。公明正大に集まった資金は公開していただきたい、と考えている。この話は、昨日の理事会で説明した。当初は、日本歯科医師会が主体になってやる話であったが、金銭には一切係わりたくないので、日本財団が主体で行って、日本歯科医師会は協賛の形でいきたい。日本財団には、それで了解が取れている。是非、ご理解をいただきたい。

新着ピックアップ


第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

医療広告ガイドライン対策