日技 夏期の電力需給対策に係る「節電実行計画」

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

平成23年6月1日

特例民法法人日本歯科技工士会 

  1.空調に係る節電   (1)執務室の室温を原則29度とする   (2)クールビズの徹底を図る   (3)熱中症発症等の配慮の徹底   (4)必要箇所以外の換気扇の停止   (5)ブラインドの調整

 2.照明に係る節電   (1)全館通路の消灯の徹底   (2)必要箇所の光量の低減   (3)展示棚の消灯   (4)執務室の休憩時消灯の徹底   (5)執務室以外の照明の消灯   (6)外灯の春期・夏期の消灯   (7)従来型蛍光灯等から高効率蛍光灯又はLED電球への随時交換

 3.OA機器、その他の機器に係る節電   (1)プリンターの稼働台数の削減   (2)帰宅時にパソコン電源プラグを抜くこと等による待機電力削減   (3)エアコンフィルターの定期的清掃

 4.共有部分に係る節電   (1)温水洗浄、暖房便座の停止   (2)洗面所の温水停止   (3)ハンドドライヤーの電源停止   (4)給湯スイッチの停止

 5.その他   (1)ウォームビズを含め通年で電力消費削減に取り組む指針を策定

記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる