平成22年人口動態統計月報年計(概数)の概況

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

平成 22 年の出生数は 107 万 1306 人で、前年の 107 万 35 人より 1271 人増加した。 第1次ベビーブーム期(昭和 22〜24 年)に生まれた女性が出産したことにより、昭和 46〜49年には第 2 次ベビーブームとなり、1年間に 200 万人を超える出生数であった。昭和 50 年以降は毎年減少し続け、平成4年以降は増加と減少を繰り返しながら、ゆるやかな減少傾向であったが、平成 13 年からは5年連続で減少した。平成 18 年は6年ぶりに増加したが、平成 19年は減少、平成 20 年は増加、平成 21 年は減少、平成 22 年は再び増加した。出生率(人口千対)は、前年と同率の 8.5 となった。

目次調査の概要結果の概要結果の要約出生(1) 出生数(2) 合計特殊出生率死亡(1) 死亡数・死亡率(2) 死因婚姻離婚統計表第1表 人口動態総覧の年次推移第2表 人口動態総覧(率)の年次推移第3表 出生数の年次推移,母の年齢(5歳階級)別第4表 出生数の年次推移,出生順位別第5表 死亡率(人口10万対)の年次推移,性・年齢(5歳階級)別第6表 死亡数・死亡率(人口10万対),死因簡単分類別第7表 死因順位(1〜5位)別死亡数・死亡率(人口10万対),性・年齢(5歳階級)別第8表 人口動態総覧,都道府県(20大都市再掲)別第9表 人口動態総覧(率),都道府県(20大都市再掲)別第10表 主な死因の死亡数・死亡率(人口10万対),都道府県(20大都市再掲)別参考合計特殊出生率について人口動態総覧(率)の国際比較分母に用いた人口※本文については、おって掲載いたします。

厚生労働省大臣官房統計情報部担当係 : 人口動態・保健統計課 月報調整係電話 : 03-5253-1111(内線 7476)03-3595-2813(ダイヤルイン)印刷用のPDFファイルのダウンロードはこちらから

概況(PDF:1,222KB)報道発表用資料(PDF:236KB)

記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる