▶新規会員登録

ニュース

2009/07/16

医療関係団体・保険組合

夢みるこども基金の「環境こども新聞」

 「環境こども新聞」は第3号となった。 「夢みるこども基金」のOB・OG会の会員たちが、企画、取材、執筆している。 夢みるこども基金は、昨年の「こども会議」で地球温暖化防止と地球環境保護を基金の活動テーマに加えた。林野庁から広大な国有林を借りて「夢みるこども基金の森」をつくることも決めて準備をすめている。森には毎年7〜8本の「こども基金のサクラ」を植えてきた。こどもたちの成長が、そのまま桜の成長となる。 歯科医院から提供される補綴金属冠のリサイクルで得た浄財をもとに、未来を担うこどもたちの「夢」を育み、福祉にも役立てようとキャンペーンを展開している。こどもたちは、「こども会議」で身近に接したアグネス・チャンさん(基金理事〉の話に、触発されることであろう。歯科界に関わる顔の一人として、アグネス・チャンは逸材と思われる。 なお、「夢みるこども基金OG・OB会」の会長は、九州歯科大学小児歯科研修医の長尾怜美さん。

医科歯科通信記者

長年にわたり歯科界の動きをチェックし、鋭い視線で切り込みます。茨城県出身。(医科歯科通信)

keyword

新着ピックアップ


第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

医療広告ガイドライン対策