▶新規会員登録

ニュース

2011/06/10

歯科医師関係

咬合支持が崩壊 義歯がない者は17%

在宅療養高齢者の口腔機能および食支援に関連した課題に関する調査研究から引用

重度歯周病を有する者14%重度う蝕を有する者29%天然はによる咬合支持が崩壊しているにもかかわらず、義歯により回復されていない者は17%存在低栄養示した者11.6%注意を要する低栄養者67.5%義歯の装着なく臼歯部に咬合支持がない者で4.67倍リスクを示し、高頻度の低栄養リスクがある。認知機能の低下により義歯の使用が困難になると推察された。

医科歯科通信記者

長年にわたり歯科界の動きをチェックし、鋭い視線で切り込みます。茨城県出身。(医科歯科通信)

ピックアップ


第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

医療広告ガイドライン対策