“健口長寿”の実践法指南 噛み合わせが人生を変える

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

"健口長寿"の実践法指南

噛み合わせが人生を変える

47NEWS 2013.08.06

近年の研究で、歯周病が動脈硬化や心臓病、糖尿病、肺炎、がん、早産などに関係していることが分かってきた。歯の喪失によりそしゃく能力が落ちると、栄養状態の悪化や脳機能の低下を招くことも指摘されている。食べ物を正しくかんでのみ込むことは、健康な心身への第一歩だ。

「噛み合わせが人生を変える」(小学館101新書、756円)は、口の健康を保つことで生き生きとした人生を手に入れる"健口長寿"の実践法を指南する。

著者は、歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士ら約8千人で組織する「日本顎咬合学会 」の会員。

最新データを織り交ぜながら、口腔ケアの重要性を分かりやすく解説している。

記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

歯周病は「国民病」…健康に大きなリスクも 歯周病を「唾液」でチェックする無料検査イベント行われる

正しい「嚙み合わせ」は健康寿命を延ばす 高齢でも放置してはいけない

堀ちえみ、大学病院から逆紹介を受けた歯科医院での治療「左右のバランスが、大変悪くなります」

虫歯や歯周病で失われた顎の骨を「歯」から再生 驚きの最新再生医療 脳梗塞などへの応用研究も

「アルツハイマー病は感染症が原因で起こる」って本当? 意外な関係を、認知症研究者が解説!

【プレスリリース】注目される「口腔ケア」 ~歯周病と全身疾患、そして口臭予防~「口腔ケア」に“舌ブラシ”を取り入れる大切さを、歯科医師にインタビュー!~舌ブラシの有効性についてのコメントを公式HPに公開~

歯磨き粉の成分、気にしてる?「だ液が減ると口臭が…」夏のオーラルケアを歯科医が解説【ひるおび】

世界初の「歯磨き剤」は何が違う? 23年間の研究の末に開発した歯科医師に聞いた

新着ピックアップ