今後、歯科医師がもっと進出すべき分野は?

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

歯科医師需給に関するアンケート調査から

   

長崎県保険医協会

  

◎    歯科医師の数を現状のまま維持するには?

 歯科医師を減らした方が良い64.8%

 無理に減らさなくとも良い28.1%

 その他7.0%

◎    減らさなくとも良い、その理由は?

 歯科医師数が増えても、患者数を確保する自信がある5.6%

 歯科医師数が増えた分、診療報酬が上がることを期待している11.1%

 歯科医師を必要とされ分野は多く、現状でも足りないと思うから41.7%

 その他41.7%

◎    今後、歯科医師がもっと進出すべき分野は?(複数回答)

 訪問歯科診療60.2%

 口腔内科分野35.2%

 嚥下・リハビリ50.8%

 他職種との連携47.7%

 健診事業42.2%

 自費診療25.8%

 予防・メンテナンス分野69.5%

 その他10.2%

◎    歯科医師数を減らす方法は?

歯科医師国家試験の合格者数を減らす21.9%

歯学部の入学定員を減らす77.3%

定年制とする18.8%

定数制として、自由に参入できなくする10.2%

歯科医師免許を更新制とする20.3%

その他10.9%

◎    歯科医師国家試験の受験回数を制限する

 反対71.9%

 賛成21.9%

 その他6.3%

◎    歯科大学・歯学部の再編統合について

反対、歯科大学の数を減らすべきではない7.8%

賛成、まず私立大学の再編統合を行うべき脱離10.9%

賛成、国公立、私立を問わず再編統合すべきだ59.4%

その他9.4%

◎    歯学部入学定員削減について

 国の責任で」行うべき44.5%

 日本歯科医師会が主体となって調整すべき1.6%

 大学間の協議に任せる3.1%

 国・歯科医師・病院・大学・国民の代表で構成される協議会が必要39.8%

 自然淘汰されるのを黙って待てば良い4.7%

その他6.3%

記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる