▶新規会員登録

ニュース

2009/05/26

医療関係団体・保険組合

ラオスから4人の歯科医師などを沖縄県に招く

2006年に第3回沖縄平和賞を受賞した沖縄・ラオス国口唇口蓋裂患者支援センター(喜屋武満会長)は、ラオスの病院に手術施設を新設して話題となったが、予防歯科普及の支援プロジェクトとして、 5月19日、ラオスから4人の歯科医師などを沖縄県に招いた。 来日したのは、ラオス国立セタティラート病院のソンポーン・パンタボン歯科部長と2人の歯科医師やドンコイ小学校のカムソック・スファンソン校長。 4人は、琉球大学付属小学校で行われた歯科検診を視察した。 また、3歳児歯科検診などを見学した。

keyword

新着ピックアップ


サンデンタル テクニカルセミナー 2019

「3X-Power System」を新開発!26Wへパワーアップを実現!

第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

医療広告ガイドライン対策