その決め方で大丈夫?スタッフと院長の給料の決め方

セミナー概要

  • セミナー形式:オンデマンド配信
  • 視聴時間:29分30秒
  • 受講料:5,500円(税込)
  • 配信期間:録画配信のため、お申込み後いつでもご視聴いただけます
  • 決済方法:クレジットカード(Mastercard、Diners Club、Visa、American Express、JCB)

セミナー詳細

開業準備期間において、多くの先生方が大きく分けて「場所・機材・人」の3つの準備に労力をささげているかと思います。中でも、人に関しては開業医自身の裁量で「給料」を決めなければならず、どれくらいがベストなのか迷われる先生も多いのではないでしょうか。
そこで、本ウェビナーでは、「歯科医のための初めての開業コンプリートガイド」を執筆された岩城有希先生より、スタッフと院長先生の給料の決め方についてお話いただきます。書籍にも記載があるスタッフの初任給からお話いただき、より踏み込んだ話として院長の給料をどう決めるべきか、岩城先生の経験則を踏まえて解説いただきます。
なお、「歯科医のための初めての開業コンプリートガイド」は、本ウェビナーのような内容が詰まった本になりますので、ウェビナー視聴後は書籍のご一読をおすすめいたします!

▼セミナー内容
・院長の給料って何?
 -事業形態(個人事業or法人)による院長の給料の違い
 -個人事業の利益構造と院長の給料の源泉
・院長の給料はどのくらいが適正か?
 -給料シミュレーション(テナント30坪、ユニット3台、CT、マイクロスコープ、口腔内スキャナー、借金7,000万円の場合)
 -院長の年収は売上の何%が適正か?
・スタッフの初任給の決め方
 -初任給を決めるときの原則
 -給料の構成(基本給・資格手当・精勤手当・皆勤手当・国保手当等)の考え方
 -採用競争力を高めるための労働環境の整備の仕方
・賞与・昇給の決め方
 -賞与の原資と支給額の決め方(賞与はあって当たり前ではない)
 -人事評価制度の例(個人の目標達成率×院長評価×スタッフ評価)

こんな方におすすめ

  • 開業を準備されている先生
  • 給料を見直したい先生
  • 給料の相場感を把握したい先生

登壇者

岩城 有希 先生
横浜いわき歯科 院長
<ご略歴>
  • 2007年東京医科歯科大学 卒業
  • 2012年同大学院 部分床義歯補綴学分野 修了(博士)
  • 2012年-2014年東京医科歯科大学義歯外来 勤務
  • 2014年-2015年フライブルク大学(ドイツ)補綴科 留学 客員講師
  • 2015年東京医科歯科大学 非常勤講師
  • 2018年2月 横浜いわき歯科 開業
  • 2022年医療法人社団 Felsenburg 理事長
<ご所属>
  • 神奈川県歯科医師会 学術委員
  • 神奈川県歯科医師会青年部 幹事
  • 東京医科歯科大学 非常勤講師
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

MBA歯科医師が語るシリーズ 歯科医院にとっての良い借金と悪い借金の見極め方

16年間継続して成長! ベテランMBA歯科医師流の”院長なし”で回る仕組みの作り方 自律した組織をつくるためのKPI設計と運用の方法

MBA歯科医師が語るシリーズ 広告費と患者数が比例しない…を解決!自費の患者数を増やすための 注力すべき診療科目の見極め方

二代目でV字回復を実現したMBA歯科医師が語る 失敗から見えた医院継承後のスタッフの巻き込み方 理念を通じてスタッフの心を掴む方法

新規採用だけじゃない! MBA歯科医師が実践する 従業員満足度向上という名の採用戦略 出産・育児等のライフイベントから衛生士の復帰率を高める方法

自分の強みを尖らせる!MBA歯科医師による”個の時代”を生き抜くためのセルフブランディング術 苦手な仕事を辞めて、得意な仕事に集中する方法

集患・採用の新常識!売上5億円クリニックの事務長が語る 患者・スタッフを虜にする内装設計のポイント

「売上は伸びたのに利益が残らない…」モデルを脱却! MBA歯科医師が語る利益最大化の法則 同じ労力で利益を最大化させる方法

新着ピックアップ