▶新規会員登録

記事

2013/10/24

第12回 終わりに

早いものでこのコラムも最終回。12回目を迎えました。
モノを書くことって、自分自身の気持ちの整理になりますね。このコラムを通して、自分が何を見て、考えているのか、とても良いまとめになり、また楽しかったです。改めて読んでみると、あぁあの時の私はこんな事をして、こんなことを考えていたんだ、と懐かしくなります。

日記や、昔の手帳、家計簿なんかも同じでしょうか。人間の記憶は曖昧で、過去の出来事を忘れ、どんどん新しい記憶が上書きされていきます。昔つけていた日記や家計簿も、今ではすっかり書かなくなりましたが、“書いて残す”ことってちょっと素敵かも、と見直しました。

衛生士の業務記録もそうです。昔の自分の衛生士ノートを読み直してみると、面白かったり、情けなかったり。最初の頃は本当に何もわからず、ただ自分の行なったことや、治療計画、口腔内の記録ばかり。だんだん患者さんのお身体のことや、生活背景、お口の中に対する思い、がプラスされてきて、雑談の内容ばかりが記録されていることも。それでも自分なりに一生懸命患者さんに向き合って、葛藤し、成長してきたんだなぁ、と少しだけ誇らしかったりもします。

前へ前へ、進むことも大切ですが、たまには休憩して、自分の歩いてきた足跡を振り返ってみるのも楽しいものですね。このコラムにも、お世話になりました。

 お世話になった、と言えば、もう一つ、卒業するものがあります。部屋、です。皆さまがこのコラムをお読みになる頃はもう私は新しい部屋に引越し済み、ですが、今現在はたくさんの段ボール箱に囲まれながらパソコンをたたいています。個人的な事で恐縮ですが、今までも散々個人的なことを書かせていただいてきましたので、最後もどうかお付き合い下さい。

引っ越しが決まり、ただいま荷造り真っ最中の毎日です。年末の大掃除と同じで、片付けながら思い出に浸り、一向に進まない荷造り。いつの間にか増えている荷物に驚き、まとめながら出てくるゴミの量に驚き、次こそは美しくシンプルに暮らそう、と心に誓う毎日です。増えていく段ボール箱とは逆に、ガランとしていく押入れや部屋を見ながら、少し寂しくなったりもします。

少し違うかも知れませんが、歯石を除去した後、キレイになって嬉しいけれど、隙間ができて寂しい、とおっしゃった患者さんがいらしたなぁ、と、ふと思い出したりしました。それに引越し。メインテナンス中に引越されていった方々の顔もフッと思い出したりしました。今もどこかでメインテナンスを継続してらっしゃるかな、お口の中の健康は保たれているかな、お元気かな。引っ越すことになりまして、と最後のメインテナンスにご来院される方を前に、以前はよく後悔したりしていました。

もっと伝えるべきことがあったのではないか、もっと何かできたのではないか。少し奢った考えだったのかも知れません。今ではどこへ行ってもその方その方が笑顔で健康で過ごせますように、と笑顔でこちらも見送ることができます。主役は常に患者さん。私たちはサポーター。講演会で耳にしたこの言葉の意味が、やっとわかってきたのかも知れません。皆様の笑顔と健康をサポートできる、歯科衛生士って素敵な仕事ですよね。

これからもより沢山の方々の笑顔に触れられる衛生士でありたいと、心から願います。その為に、必要な知識と技術と笑顔と努力。向上心。課題は沢山ありますが、あるからこそ成長していける、楽しくいられる。丸7年が経ち、逆にメインテナンスをお休みされていた方がひょっこり顔を見せて下さることも。懐かしい笑顔に出会えることも、また楽しみです。続けるほどに楽しみが増える、それも素敵なことですね。

一年間、ありがとうございました。

新着ピックアップ


第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

ガムを噛んで唾液を出すだけ!唾液検査用ガム

医療広告ガイドライン対策