▶新規会員登録

記事

2013/10/24

第9回 受講者が求める話し方

 先日、秋田県健康管理士会主催「はじめようムシ歯と歯周予防」というテーマで、健康セミナー・ブラッシング指導を秋田市で行ないました。参加者は13名。講師の目が一人ひとりに行きわたり、参加者に合わせた講話ができる適切な人数でした。  従来のセミナーや勉強会は、講師が一方的に受講者に話をしていくので、講師の能力により、受講者の満足度・理解度が違ってきます。あるアンケートによると、受講者の求めている講師像が以下のようになっていました。

≪受講者の求めている講師像≫

【1】
導入がうまい・話の内容・動機付け・時間配分

【2】
話し方がうまい・ボディーランゲージがうまい・ユーモアとセンスがある熱意と誠実さ(1000人も1人も同じ)

【3】
内容に精通し、テーマの流れをつかんでいる・内容を十分に把握している受講者の立場を尊重している・話の勘所を知っている全体の流を把握させている・時間配分が適切である

【4】
具体的に肌で感じさせる・実例を豊富に示す・体験をさせる

【5】
興味を引くように教える・単調間を持たせない・楽しく教える物知りである・質問して考えさせる

【6】
まとめがきちんとしている

 これらの内容は、私たちが患者さんに説明をしていく時にも、同じように相手から求められている事柄です。そして、1・3・6は、私たちが事前勉強をしっかり行ない、知識をまとめ理解して話をしていけば良い事です。2については、コミュニケーションスキルが必要になってきます。4.5は、発想・アイディアといったプレゼン力となります。プレゼン力はコミュニケーションの上級編ですから、どうやって相手を理解させよう、協力させようと考えるようになると必然伸びてきます。

 今回の健康セミナーは、参加者の満足度も高く、受講者参加型のセミナーだったと主催者側からも大変喜ばれました。 ここで、私が心がけたポイントは3つです。

【1】
導入時に、何名かの参加者に、セミナーで聞きたいこと・期待していることを質問していく。「今日はどんな話が聞けるといいですか?」

【2】
参加者の困り事から、それに近い実例を紹介していく。

【3】
壇上から降りて、一緒に歯磨きをしていく。

 目の前の一人の患者さんから受講者へと、話す相手が増えても、歯科衛生士がもつべき知識をしっかり整理して、コミュニケーションのトレーニングを積んでいけば(毎日がトレーニングNo4,5参照)あなたも医院の中で、町内で健康セミナーが楽しく開催できますよ!

新着ピックアップ


第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

医療広告ガイドライン対策