▶新規会員登録

記事

2013/10/24

第19回 「細胞培養」の話

 平成20年度4月から日本大学歯学部の解剖学教室第2講座にお世話になることになりました。平成元年に愛知学院大学歯学部を卒業して20年ぶりの歯学部に戻ってきました。この20年の間に何が変わったのだろうかと、とても楽しみでした。印象が大きかったことの一つとして、国家試験に合格することが難しくなっていることです。また、知らぬ間にマスコミから歯科医は“ワーキングプア”と呼ばれ、歯学部離れもあると聞きます。歯科医師という職業も競争社会の真っ只中にあるのでしょうか。

 このコラムから「培養」という言葉をキーワードに培養細胞を使った再生の話をします。今回はその話の基となる「細胞培養」についてです。

 細胞とはなんでしょう、一般的には単細胞生物が存在していることから、生物の最小単位といえるのではないでしょうか。一方で、生物と無生物を分けるものは、何かという議論に関してはまたの機会にします。

 過去の話となりますが、初めて動物細胞が生体外で培養できるようになった時は、多くの研究者が生命の本質に一歩近づいたと感じたと聞きます。どうして、そう思われたのかというと、培養されたひとつの細胞の加算的総合が生体になるというように考えたからだそうです。もしくは、一つの細胞それ自体を生命の本質として考えたからともいわれています。その後、数十年たって、個体のクローン技術の進歩によって、ひとつの培養細胞の核から、個体を発生させることに成功しようとしているのです。

 もともと細胞培養というのは、生体内で解析しようとすると要因が複雑すぎて解析不可能な現象を、培養という単純な条件に移して解析可能にする手段として発達してきた経緯があります。しかし一方、細胞は生体内にあっては特有の三次元的組織構築の中にあるので、細胞を生体から取り出して単層培養系に移すと、多かれ少なかれその機能を失います。しかも、どのような機能がどれぐらい失ったかを知ることは困難です。言い換えると、培養という条件の下で、細胞が単層培養系で生き抜くために必要な機能は失わずに、不必要な機能を失うと考えられるからです。たとえば、基本的な代謝やDNAの複製、転写、翻訳の機構などは生きるために細胞にとって必要なことであるから失うことは考えにくいですが、細胞の分化機構や形態形成機構などの高度な調節機構は失いやすいかもしれません。このように、研究が発達するにつれて、培養細胞と生体との相違点が多いことがわかってきました。つまり、培養細胞は生体の組織にあった時とは異なるということです。

 したがって、われわれ研究者は細胞培養を実験に使用するには、なぜ、細胞培養が必要なのか、なぜ、細胞培養を行うのかを実験目的に戻って考えてみなければいけません。


図1・細胞培養:体内から少量の組織を採取して生体外で培養することで、
少ない細胞を大量に増やすことができます。これが、「細胞培養」の大きな利点の一つです。

 

記事一覧
プロフィール 第48回 【第1回】再生医療産学官連携シンポジウムに参加して(2016/11/14)第47回 「すべての疲労は脳が原因 著者:梶本修身」を読んで(2016/11/02)第46回 リバスキュラリゼーションを再考する(2016/10/13)第45回 象牙質が痛みを感じるメカニズムについて(2016/08/03)第44回 イモリの再生 ―第二話 イモリの網膜再生―(2016/07/07)第43回 イモリの再生 ―第一話 肢の再生メカニズムについて―(2016/06/02)第42回 【後編】ヒトの頬脂肪体から脱分化脂肪細胞(DFAT)が入手可能に(2016/05/13)第42回 【前編】ヒトの頬脂肪体から脱分化脂肪細胞(DFAT)が入手可能に(2016/04/28)第41回 細胞再生医療研究会に参加して ― 糖尿病幹細胞 ―(2014/07/31)第40回 成都にてThe Second International Conference on Dental and Craniofacial Stem Cellsが開催(2014/04/25)第39回 平成24年度「国語に関する世論調査」(2014/04/01)第38回 第一回 再生医療資格認定セミナーに参加(2014/03/10)第37回 イギリス・ウェンブリーで開かれた国際学会に参加(2013/10/29)第36回:シアトルにてInternational Association for Dental Research (IADR)が開かれる(2013/10/24)第35回 コーヒーの効果と夏太りー日本経済新聞からー(2013/10/24)第34回 11th International Conference on Tooth Morphogenesis and Differentiation(TMD)に参加‐海外旅行の落とし穴‐(2013/10/24)第33回 3rd TERMIS World CongressがViennaにて開催(2013/10/24)第32回 イリノイ州立大学歯学部にて大学院講義―マラッセの上皮遺残の幹細胞―(2013/10/24)第31回 International Association for Dental Researchイグアスにて開催(2013/10/24)第30回 日本再生医療学会 横浜にて開催(2013/10/24)第29回 春の学会シーズン1―日本小児歯科学会-(2013/10/24)第28回 フォーサイス研究所にてセミナー「マラッセの上皮遺残細胞について」(2013/10/24)第27回 歯根膜組織由来および歯肉組織由来の間葉系幹細胞‐その2‐(2013/10/24)第26回 歯根膜組織由来および歯肉組織由来の間葉系幹細胞(2013/10/24)第25回 記事から引用:見捨てられる「歯科医」 特集:歯科医の「自然淘汰」を待つ厚労省"(2013/10/24)第24回 日本歯科基礎医学会 岐阜にて開催 (2013/10/24)第23回 歯科領域にもiPS研究が拡大。(2013/10/24)第22回 コラムを再び開始します。(2013/10/24)第21回 歯の上皮細胞の話 (2013/10/24)第20回 「培養皮膚」の完成(2013/10/24)第19回 「細胞培養」の話(2013/10/24)第18回 歯の再生 下顎骨内に歯胚才簿を移植すると?‐2‐(2013/10/24)第17回 歯の再生 下顎骨内に歯胚才簿を移植すると?(2013/10/24)第16回 歯の再生 胎生期歯胚細胞と担体を組み合わせた歯の再生研究2(2013/10/24)第15回 歯の再生‐胎生期歯胚細胞を担体を組み合わせた歯の再生研究‐(2013/10/24)第14回 歯の再生‐マウス歯胚組織と細胞を組み合わせた歯の再生‐その2‐(2013/10/24)第13回 マウス歯胚組織と細胞を組み合わせた歯の再生‐その1‐(2013/10/24)第12回 組織工学的手法による歯の再生 マウスの胎生期歯胚細胞を用いた歯の再生研究‐1‐(2013/10/24)第11回 組織工学的手法による歯の再生 -細胞の足場となる担体の話 第2話-(2013/10/24)第10回 組織工学的手法による歯の再生 -細胞の足場となる担体の話-(2013/10/24)第9回 組織工学的手法による歯の再生 -機械的刺激が歯胚細胞の分化を促進する-(2013/10/24)第8回 組織工学的手法による歯の再生-その4-(2013/10/24)第7回 組織工学的手法による歯の再生-その3-(2013/10/24)第6回 組織工学的手法による歯の再生-その2-(2013/10/24)第5回 組織工学的手法による歯の再生-その1-(2013/10/24)第4回 再生医学:歯の再生-1(2013/10/24)第3回 細胞の種といわれる幹細胞(2013/10/24)第2回 ティッシュエンジニアリングとは(2013/10/24)第1回 再生医学とは(2013/10/24)

ピックアップ


第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

医療広告ガイドライン対策