▶新規会員登録

記事

2013/10/24

第6回 組織工学的手法による歯の再生-その2-

前回までに細胞を担体に蒔いて移植するところまでお話しました。今回は、結果です。

歯胚細胞を蒔いた担体をヌードラットの腹部大網に包んだ後、20週にて移植した担体をラットのお腹から取り出しました。担体を包んだ大網をほどくようにしてはがすと、白く丸い形をした物体を見つけることができました。

大きさは約6−8mぐらいです(写真1)。移植する前の担体の大きさが約10mmでしたから(写真2)、少しだけ、大きさが小さくなっていました。とりだした組織を触ると硬く、何らかの硬組織ができていることが予感できます。

(写真1)クリックで拡大します

移植20週で取り出した再生組織の肉眼的観察

(写真2)クリックで拡大します

移植前の細胞の担体

しかし、肉眼的にはどんな組織が再生しているのかわかりませんので、組織切片を作ります。その過程を少しお話します。

まずは、組織が変質しないように固定という作業をします。固定は、抗原性の維持と形態の保持を目的としています。次に脱灰という操作です。石灰化度が低い組織には不要ですが、骨や歯の組織のように、石灰化度が高いと薄切することができませんので、EDTA溶液で2−4週間脱灰しなければいけません。かなりの期間待ちます。

脱灰が終わると包埋です。均一な厚さの薄切片を得るために、この試料をパラフィンにて包埋します。このように、試料を取り出した後、ひとつの組織を観察するだけでも、多くの行程を経なければ結果はわかりません。

包埋した試料が固まったら、切片を作る過程に入ります。通常は、面出しして予備観察してから薄切です。一般の染色で5μm前後が標準的な厚さです。

薄切するとやっと染色です。染色とは組織の成り立ちを観察する目的で行われ、ヘマトキシリンとエオジンによる重染色は単純ですが、情報量の最も多い染色法です。

ヘマトキシリンは、核を選択的に染め、染めた直後は赤紫色に見えますが、水洗いすると青紫色に変わっていきます。エオジン液は他の組織成分をいろいろな濃さの紅色に染まります。ヘマトキシリンーエオジン染色では、骨や象牙質は淡紅色に、エナメル質は濃い赤紫色に染まります。歯の組織は特徴がありますので、この染色だけで多くのことが観察できます。高倍にすると、エナメル芽細胞、象牙芽細胞、象牙細管やエナメル小柱までも観察することができます。


(写真3)クリックで拡大します
移植20週のヘマトキシリンーエオジン染色写真

 20週後に取り出した組織をヘマトキシリンーエオジンで染色して観察しました(写真3)。詳細な結果の解説はは次回お話します。

記事一覧
プロフィール 第48回 【第1回】再生医療産学官連携シンポジウムに参加して(2016/11/14)第47回 「すべての疲労は脳が原因 著者:梶本修身」を読んで(2016/11/02)第46回 リバスキュラリゼーションを再考する(2016/10/13)第45回 象牙質が痛みを感じるメカニズムについて(2016/08/03)第44回 イモリの再生 ―第二話 イモリの網膜再生―(2016/07/07)第43回 イモリの再生 ―第一話 肢の再生メカニズムについて―(2016/06/02)第42回 【後編】ヒトの頬脂肪体から脱分化脂肪細胞(DFAT)が入手可能に(2016/05/13)第42回 【前編】ヒトの頬脂肪体から脱分化脂肪細胞(DFAT)が入手可能に(2016/04/28)第41回 細胞再生医療研究会に参加して ― 糖尿病幹細胞 ―(2014/07/31)第40回 成都にてThe Second International Conference on Dental and Craniofacial Stem Cellsが開催(2014/04/25)第39回 平成24年度「国語に関する世論調査」(2014/04/01)第38回 第一回 再生医療資格認定セミナーに参加(2014/03/10)第37回 イギリス・ウェンブリーで開かれた国際学会に参加(2013/10/29)第36回:シアトルにてInternational Association for Dental Research (IADR)が開かれる(2013/10/24)第35回 コーヒーの効果と夏太りー日本経済新聞からー(2013/10/24)第34回 11th International Conference on Tooth Morphogenesis and Differentiation(TMD)に参加‐海外旅行の落とし穴‐(2013/10/24)第33回 3rd TERMIS World CongressがViennaにて開催(2013/10/24)第32回 イリノイ州立大学歯学部にて大学院講義―マラッセの上皮遺残の幹細胞―(2013/10/24)第31回 International Association for Dental Researchイグアスにて開催(2013/10/24)第30回 日本再生医療学会 横浜にて開催(2013/10/24)第29回 春の学会シーズン1―日本小児歯科学会-(2013/10/24)第28回 フォーサイス研究所にてセミナー「マラッセの上皮遺残細胞について」(2013/10/24)第27回 歯根膜組織由来および歯肉組織由来の間葉系幹細胞‐その2‐(2013/10/24)第26回 歯根膜組織由来および歯肉組織由来の間葉系幹細胞(2013/10/24)第25回 記事から引用:見捨てられる「歯科医」 特集:歯科医の「自然淘汰」を待つ厚労省"(2013/10/24)第24回 日本歯科基礎医学会 岐阜にて開催 (2013/10/24)第23回 歯科領域にもiPS研究が拡大。(2013/10/24)第22回 コラムを再び開始します。(2013/10/24)第21回 歯の上皮細胞の話 (2013/10/24)第20回 「培養皮膚」の完成(2013/10/24)第19回 「細胞培養」の話(2013/10/24)第18回 歯の再生 下顎骨内に歯胚才簿を移植すると?‐2‐(2013/10/24)第17回 歯の再生 下顎骨内に歯胚才簿を移植すると?(2013/10/24)第16回 歯の再生 胎生期歯胚細胞と担体を組み合わせた歯の再生研究2(2013/10/24)第15回 歯の再生‐胎生期歯胚細胞を担体を組み合わせた歯の再生研究‐(2013/10/24)第14回 歯の再生‐マウス歯胚組織と細胞を組み合わせた歯の再生‐その2‐(2013/10/24)第13回 マウス歯胚組織と細胞を組み合わせた歯の再生‐その1‐(2013/10/24)第12回 組織工学的手法による歯の再生 マウスの胎生期歯胚細胞を用いた歯の再生研究‐1‐(2013/10/24)第11回 組織工学的手法による歯の再生 -細胞の足場となる担体の話 第2話-(2013/10/24)第10回 組織工学的手法による歯の再生 -細胞の足場となる担体の話-(2013/10/24)第9回 組織工学的手法による歯の再生 -機械的刺激が歯胚細胞の分化を促進する-(2013/10/24)第8回 組織工学的手法による歯の再生-その4-(2013/10/24)第7回 組織工学的手法による歯の再生-その3-(2013/10/24)第6回 組織工学的手法による歯の再生-その2-(2013/10/24)第5回 組織工学的手法による歯の再生-その1-(2013/10/24)第4回 再生医学:歯の再生-1(2013/10/24)第3回 細胞の種といわれる幹細胞(2013/10/24)第2回 ティッシュエンジニアリングとは(2013/10/24)第1回 再生医学とは(2013/10/24)

新着ピックアップ


「3X-Power System」を新開発!26Wへパワーアップを実現!

第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

医療広告ガイドライン対策