女性医師の生涯未婚率35.9%、休職の主要因は自分の病気…女性医師を破壊する医療現場の闇

カテゴリー
記事提供

© Business Journal

女性医師の生涯未婚率35.9%、休職の主要因は自分の病気…女性医師を破壊する医療現場の闇 東京医科大学における事実上の女子学生への一律減点が発覚したことで、女性医師の労働環境をめぐる問題がクローズアップされている。そこで前回記事『1点につき100万円、合格は寄付金次第…医学部入試、裏口入学と男女比調整が常態化の理由』に引き続き、美容外科医でハイクラス家庭教師MEDUCATEを運営する細井龍氏に話を聞いた。 ――東京医大が行った女子受験生に対する一律減点については、女性医師の退職が理由に挙げられています。2015年の統計でOECD加盟国の女性医師割合は平均45%で、日本は20%弱でした。この差は何が原因だと考えられますか。 細井 日本は変化を好まない保守的な国なので、男女平等を謳いつつも、政界や経営者は男性が多くを占めているのが現状です。日本はかつて鎖国をしていた国でもありますから、新しいものを取り入れるのが苦手な国とも捉えられると思います… 全文はこちら ⇒ 女性医師の生涯未婚率35.9%、休職の主要因は自分の病気…女性医師を破壊する医療現場の闇
記事提供

© Business Journal

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる