口腔ケアが命を救う 認知症と肺炎の関係とは

カテゴリー
記事提供

© 朝日新聞デジタル apital

口腔ケアが命を救う 認知症と肺炎の関係とは 私が歯科医になったのが35年前、その後、医師になって認知症専門の精神科医として26年が過ぎました。医師になることで一度は遠ざかったかに見えた歯科の世界ですが、認知症のケアを通じて、ふたたび両者が大きくかかわっていることがわかりました。 今回、書くのは「誤嚥性肺炎」。ものをのみ込むときに間違って気管のほうに吸い込んでしまい、それから発生する肺炎のことを指しますが、この肺炎こそ認知症の人が終末期に亡くなる原因の大きな要因になっています。口腔ケアを通して誤嚥性肺炎が起きないようにすることが、実は重症化した認知症の人の命を左右するほど... 全文はこちら ⇒ 口腔ケアが命を救う 認知症と肺炎の関係とは
記事提供

© 朝日新聞デジタル apital

この記事を見ている人がよく見ている記事

中野美奈子、コロナ禍でマスク生活終わり「歯が伸びた」 歯医者からの指摘に驚き

嚙み合わせが悪いと認知症の発症リスクが高まるのは本当か?【名医が答える病気と体の悩み】

【プレスリリース】注目される「口腔ケア」 ~歯周病と全身疾患、そして口臭予防~「口腔ケア」に“舌ブラシ”を取り入れる大切さを、歯科医師にインタビュー!~舌ブラシの有効性についてのコメントを公式HPに公開~

妊婦の歯周病防止へ 宇佐市が検査キット配布へ 大分

能登半島地震、被災地の口腔ケアへ「水のいらない歯磨き剤」を!宇宙飛行士も使用 大阪府歯科医師会から

スイス発「クラプロックス」から限定カラーの『パワースマイルエディション』【超やわらか歯ブラシ】

「噛んでいて差し歯がとれた」被災地で欠かせない口腔ケア 歯科専門チームが能登半島地震で奮闘【わたしの防災】

口腔ケアで健康寿命延伸/「歯周病は全身に影響」青森県内歯科医師 重要性訴え

新着ピックアップ