後期高齢者健診票項目で「CPI」採用は7割

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

都道府県歯科医師会が後期高齢者に対する歯科健診票で、歯周状態を調べる項目として採用しているのは「CPI」が72.5%、「CPI以外」25.0%だった。 各都道府県歯から提供のあった後期高齢者歯科健診の主な項目を日本歯科総合研究機構が取りまとめたもので、5月25日に東京都千代田区の歯科医師会館で開かれた都道府県会長会議で日本歯科医師会の小玉剛常務理事が報告した。 提供:日本歯科新聞社
記事提供

© Dentwave.com

新着ピックアップ


閉じる