医療・介護・福祉現場青年職員、3割がハラスメント被害

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

医療・介護・福祉の職場で働く青年職員の3人に1人が、何らかのハラスメントを受け、うち半数が退職を考えている―。日本医療労働組合連合会の青年協議会が昨年3~9月に実施した調査をまとめたもので、41都道府県から7,225人の回答を得ている。全体でいずれかのハラスメントを受けたことが「ある」人は31.5%だった。 提供:日本歯科新聞社
記事提供

© Dentwave.com

新着ピックアップ


閉じる