歯科医療管理学会が一般社団に

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

日本歯科医療管理学会(白圡清司理事長)は、1日から一般社団法人に移行した。 白圡理事長はホームページ上のあいさつで、法人格の取得について、「社会の構成員としての責任も大きくなる」との認識を示し、「法人格を持った学会として良質な歯科医療を提供するための診療環境整備、国民が求めている医療安全、地域包括ケアシステムを推進するための地域連携等、本会のさらなる発展のために努力する」と言及。 学会が、「医療安全」と「地域連携」を2本柱に「かかりつけ歯科医機能」を充実させるための研修会を行い、地域包括ケアシステムを推進していくとの意気込みを語っている。 提供:日本歯科新聞社
記事提供

© Dentwave.com

新着ピックアップ


閉じる