深刻化する子どもの視力低下、原因は噛む力の低下?ごはんを「硬い食べ物」と言う子どもたち

カテゴリー
記事提供

© Business Journal

深刻化する子どもの視力低下、原因は噛む力の低下?ごはんを「硬い食べ物」と言う子どもたち 文部科学省が昨年12月にまとめた学校保健統計調査(速報値)によると、子供の虫歯(処置歯含む)は減少したが視力低下は増えているということです。この調査は2016年4~6月に、国公私立の幼稚園から高校までの子ども全体の25.3%に当たる約344万人を対象にした大規模調査なので、子どもたちの実情を正確に反映していると受け取れます。 虫歯が減少したことは良いことですが、視力低下は目の機能低下にほかならず、大きな問題といえます。裸眼視力が1.0未満の割合の増加が深刻で、幼稚園で27.9%、小学校で31.5%、中学校で54.6%、高校で69.9%と、いずれも過去最高となったのは由々しき事態です。眼科専門医で慶応大学教授(眼科学)の坪田一男氏は... 全文はこちら ⇒
記事提供

© Business Journal

新着ピックアップ


閉じる