咬合崩壊4スマホ病の影響「インプラントを入れてもらいたいと思っている患者さんはいない。」

カテゴリー
記事提供

© HUFFPOST

咬合崩壊4 スマホ病の影響「インプラントを入れてもらいたいと思っている患者さんはいない。」 「"スマホ病"といって7~8年前からかみ締め癖が増えてきていますね。これらの症状を持つ方々の首のレントゲン画像上を見ると、頚椎のカーブに負担がかかっている部位があることが判ります。整形外科的には大丈夫だというレベルでも、苦しいのです。そういった微細なレベルで調整できなくては、患者さんは救えません。我々も職人仕事ですから、せっかくなら高いレベルで良くしたいと考えています。多くの歯科医がもっとカイロプラクティックの先生と組まなくてはいけません。お話ししたように、仮歯の段階で骨格調整をするとアゴの位置が随分と改善します。」... 全文はこちら ⇒ 咬合崩壊4 スマホ病の影響「インプラントを入れてもらいたいと思っている患者さんはいない。」
記事提供

© HUFFPOST

新着ピックアップ


閉じる