歯科医療従事者に多い肺線維症─CDCが報告

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

アメリカ疾病管理予防センター(CDC)は3月9日、バージニア州の病院で特発性肺線維(IPF)と診断、治療を受けた患者のうち、約1%が歯科医療従事者で、歯科医療に関わる環境がIPFと関連する可能性を示唆する報告書を発表した。IPFは、徐々に進行する原因不明の肺疾患で、ステロイドや免疫抑制薬が効かず予後不良となる。 提供:日本歯科新聞社
記事提供

© Dentwave.com

新着ピックアップ


閉じる