見えない虫歯も発見可能に – pHマッピングでう蝕の定量的検査技術を開発

カテゴリー
タグ
記事提供

© マイナビニュース

見えない虫歯も発見可能に - pHマッピングでう蝕の定量的検査技術を開発 東京医科歯科大学(TMDU)は、酸化イリジウムを材料とするマイクロpHセンサを製作し、歯のpHマッピングによるう蝕(虫歯)の定量的検査技術を開発したと発表した。この技術は、保存もしくは切除する場所が明確になるため、「削らない治療」へのサポートとなることが期待される。 同研究は、東京医科歯科大学生体材料工学研究所の田畑美幸テニュアトラック助教、宮原裕二教授の研究グループと、 医歯学総合研究科う蝕制御学分野の田上順次教授、北迫勇一助教、歯学部口腔保健学科口腔臨床科学分野の池田正臣講師らとの共同研究によるもので、同研究成果は、3月14日に国際科学誌「Analytical Chemistry」にオンライン版で発表された... 全文はこちら ⇒ 見えない虫歯も発見可能に - pHマッピングでう蝕の定量的検査技術を開発
記事提供

© マイナビニュース

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる