子どもたちは十分早期に歯科検診を受けていない-FDIの国際調査で判明

カテゴリー
記事提供

© SankeiBiz

子どもたちは十分早期に歯科検診を受けていない-FDIの国際調査で判明 ジュネーブ2018年3月20日PR Newswire=共同通信JBN】世界オーラルヘルスデー(WOHD)に際し、FDI世界歯科連盟(FDI World Dental Federation)は世界中の親に対し、どのようにわが子の口腔衛生の世話をしたか質問したが、その回答は改善の余地を示唆するものであった。健康な口腔を維持することは、その正しい機能を保ち、総体的な健康と幸せを維持するために極めて重要である。 10カ国で実施した調査によると、18歳以下の子どもを持つ親のわずか13%しか、歯科初診の推奨年齢である1歳の誕生日以前に子どもを歯科医院に連れて行っていない。多くの親は1-3歳(24%)か4-6歳(22%)の時に子どもを初めて歯科に連れて行っているが、20%の親は子どもを歯科診察に連れて行ったことがないと報告している... 全文はこちら ⇒ 子どもたちは十分早期に歯科検診を受けていない-FDIの国際調査で判明
記事提供

© SankeiBiz

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる