使用頻度低い金属材廃止へ

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

平成30年度診療報酬改定で、使用頻度が減少しているものとして、歯科用純金地金等が廃止になるほか、ニッケルクロム合金関連の材料も2年間の経過措置後に廃止となる。「都道府県歯科医師会社会保険担当理事連絡協議会」で説明があった。 提供:日本歯科新聞社
記事提供

© Dentwave.com

新着ピックアップ


閉じる