子どものむし歯予防へ小中学校にフッ化物洗口の導入を㊤

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

[タウンニュース]2018/1/19 子どものむし歯予防へ小中学校にフッ化物洗口の導入を㊤ 12月議会では、川崎市内の市立小中学校における「フッ化物洗口」の導入について、質問に立ちました。 フッ化物洗口は、むし歯予防に効果のある適正濃度のフッ素の水溶液でブクブクうがいをする方法です。昭和45年に新潟県弥彦村の小学校で初めて開始。その後、洗口を実施している学校に通う児童生徒のむし歯(う蝕)予防に顕著な効果を示していることから歯科保健施策の一環として普及されてきました。平成15年には厚生労働省がフッ化物洗口のガイドラインを作成し、普及が加速しています。 全文はこちら ⇒ [タウンニュース]2018/1/19 子どものむし歯予防へ小中学校にフッ化物洗口の導入を㊤
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる