歯周病で認知症悪化、仕組みを解明 脳の「ゴミ」増やす

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

[livedoor NEWS]2018/1/5 歯周病で認知症悪化、仕組みを解明 脳の「ゴミ」増やす 歯周病が認知症の症状を悪化させる仕組みを、国立長寿医療研究センター(愛知県大府市)、名古屋市立大学などの研究グループが解明した。 歯周病菌の毒素がアルツハイマー病の原因とされる脳の「ゴミ」を増やし、認知症の症状が悪化するという。 研究成果が、英専門誌の電子版に掲載された。認知症の6割を占めるとされるアルツハイマー病は、脳の神経細胞の中にアミロイドβというたんぱく質の「ゴミ」がたまり、神経細胞が徐々に死滅することが原因と考えられている。 全文はこちら ⇒ [livedoor NEWS]2018/1/5 歯周病で認知症悪化、仕組みを解明 脳の「ゴミ」増やす
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる