【レポート】サンスターと富士通による共同開発した先進予防歯科サービスの記者発表会

カテゴリー
タグ
記事提供

© Dentwave.com

サンスターと富士通による共同開発した先進予防歯科サービスの記者発表会

「G・U・M PLAY(ガムプレイ)」と歯科医院向けクラウドサービスを連携

12月25日(月)、サンスターグループオーラルケアカンパニー(以下 サンスター)と富士通株式会社(以下 富士通)によって共同開発された先進予防歯科サービスの記者発表会が行われた。本サービスはIoTスマートハブラシ「G・U・M PLAY(ガムプレイ)」と、富士通の歯科医院向けクラウドサービスを連携させたものである。

本サービスは、歯科医院での患者口腔情報と患者の日々の歯磨き情報を連動させることで、歯科医師や歯科衛生士が患者の口腔状態とホームケアの状況も確認することができ、より積極的な予防歯科行動を促進させることが可能になっている。

発表会には、歯科医師の熊谷崇先生、サンスターの淡島史浩氏(マーケティング部 統括部長)、富士通の山田直樹氏(第二ヘルスケアソリューション事業部 ビジネス戦略統括部 新ビジネス推進室 室長)が登壇し、それぞれプレゼンテーションを行った。

プレゼンテーションでは、予防歯科への意識が他の先進国に比べると低い日本において、改善に必要なことは正しい予防知識を国民に持たせることであると述べられた。この現状を打破すべく、日本の予防歯科への意識改革を起こすことが本サービスの開発目的であることが伝えられた。

さらに、今回の新サービスの提供に合わせ、「G・U・M PLAY」に新たなアプリが追加される。患者は歯科医院で指導を受けた磨き方の癖や、磨き残しの状態に合わせた最適な歯磨きを設定することが可能になっている。スマートフォンの画面に表示される個人に適した磨き方に沿って歯磨きが出来るため、継続的なより良いホームケアの実現が期待されている。

両社は、2020年までに予防型歯科医院を中心に約500の歯科医院への本サービスの導入を展望している。本サービスは2017年12月25日(月)販売、2018年1月31日(水)より提供が開始する。

▼「G・U・M PLAY(ガムプレイ)」公式サイトはこちら
http://www.gumplay.jp/




記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる