人口減少と移民政策で神奈川大江口教授が講演

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

各国での人口減少が予測される中、移民受け入れへの関心が高まっている。少子化対策、社会保障制度に詳しい神奈川大学の江口隆裕教授は、「将来の推計人口の変数を移民受け入れで比較すると、これから毎年50万人を受け入れた場合には2115年にも、日本の人口は1億人を上回る。移民受け入れのためには、日本語能力を要件とするなどの環境整備が必要」と示した。11月28日に開催された医療関連サービス振興会の月例セミナーで講演したもの。 提供:日本歯科新聞社
記事提供

© Dentwave.com

新着ピックアップ


閉じる