佐賀大がモンゴルのウイルス性肝炎感染率の実態調査へ

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

モンゴルのウイルス性肝炎感染率は世界一高いレベル─。地元の国際ロータリークラブからの相談で判明した。佐賀大学医学部附属病院肝疾患センターの岩根紳治講師は、口唇口蓋裂治療のボランティアで度々訪れている香月武氏(佐賀医科大学(現佐賀大学医学部)名誉教授)の同センター江口有一郎教授への依頼に基づいて同国に派遣された。今後、支援に向けた実態調査に乗り出す。 提供:日本歯科新聞社
記事提供

© Dentwave.com

新着ピックアップ


閉じる