検診で発見の虫歯、「治療せず」3割超える

カテゴリー
記事提供

© 中日新聞

検診で発見の虫歯、「治療せず」3割超える 県保険医協会は、県内の小中学校と特別支援学校の歯科検診で虫歯などが見つかった児童・生徒のうち、三~五割がその後、治療を受けていないという調査結果を発表した。歯の大半が虫歯で食事も困難な「口腔(こうくう)崩壊状態」の子どももいるといい、同協会は「子どもの健康格差が広がっている」と危機感を訴えている。 全文はこちら ⇒ 検診で発見の虫歯、「治療せず」3割超える
記事提供

© 中日新聞

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる