米国の「ヘルステック」を開花させた3つのカギ

カテゴリー
記事提供

© Forbes JAPAN

米国の「ヘルステック」を開花させた3つのカギ 医師・池野文昭は日米の医療当局からアドバイスを求められる。自らベンチャーキャピタルを設立し、医療機器イノベーションに尽力する彼が語る「ニーズ」とは。 予防と治療のどちらにカネを使うか?これが、日米の病気に対する考え方の違いです。 例えば、日本で虫歯になると、歯医者に行けば保険診療で治療してもらえます。私は虫歯が5本あり、アメリカで治療したとき、「あなたの保険では今年の治療は2本まで。3本目は年明けの1月に」と言われました。もちろん「痛いからいっぺんに5本治療して」と言いたいのですが、保険会社が支払いを拒否するので、一度に5本治療するなら... 全文はこちら ⇒ 米国の「ヘルステック」を開花させた3つのカギ
記事提供

© Forbes JAPAN

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる