マウスガード劣化の原因を東歯大らが解明

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

東京歯科大学口腔健康科学講座スポーツ歯学研究室と群馬大学大学院理工学府分子科学部門らの研究グループは、マウスガード(MG)が使用期間中に温度や圧力の変化に繰り返し晒されて劣化していく様を実験的に明らかにした。 同研究成果は国際科学誌『Scientific Reports』(3月15日)オンライン版で発表されている。 提供:日本歯科新聞社
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

閉じる