認知症の要介護者の口腔ケア、評価求める声相次ぐ─社保審介護給付分科会

平成30年度の介護報酬改定に向けて、厚労省は24日に開いた社会保障審議会介護給付費分科会で、認知症を抱える要介護者の口腔内の状況について、う蝕等の罹患率が多い傾向にあるデータを示し、口腔機能管理の在り方の議論を求めた。日本歯科医師会常務理事の髙野直久委員は、口腔に問題があるにもかかわらず見過ごされているケースがあるのを指摘し、「かかりつけ歯科医と協力歯科医にできるだけ早い時期から情報をつなげ、必要な歯科医療や口腔衛生管理を提供する方策を検討してほしい」と述べた。また、介護関係の委員からはグループホームにおける口腔ケアの積極的な取り組みの推進を求める声が相次いだ。 提供:日本歯科新聞社
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

キーワードは「お茶」? カテキン×フッ化物=虫歯予防効果アップ…歯を溶かす”酸”産生抑制に相乗効果

中野美奈子、ハミガキ粉選びの際感じる“心の葛藤”明かす 「年齢重ねても…」

「口腔ケアから全身の健康考えよう」 名古屋のデパートで催し

「噛んでいて差し歯がとれた」被災地で欠かせない口腔ケア 歯科専門チームが能登半島地震で奮闘【わたしの防災】

【プレスリリース】能登北陸震災をきっかけに、あらためて「口腔ケア」が注目されています。口腔ケアが行き届かないとリスクが高まる「誤嚥性肺炎」を防ぐために~高齢者に多い誤嚥性肺炎をはじめとする様々な疾患の予防にも役立つ「舌ブラシ」の使用方法を公開~

スイス発「クラプロックス」から限定カラーの『パワースマイルエディション』【超やわらか歯ブラシ】

能登半島地震の被災地に 薬剤師3人や歯科支援チームを青森県から派遣 衛生管理や心のケアにも寄り添う

口腔ケア 新型コロナ感染率が低下 山梨県「一定の効果がある」

新着ピックアップ