失った歯の数と動脈硬化は強く関連する―疫学調査で証明 京都大学

カテゴリー
タグ
記事提供

© 大学ジャーナル

失った歯の数と動脈硬化は強く関連する―疫学調査で証明 京都大学

京都大学の浅井啓太助教らの研究グループは、疫学調査の情報を用いて、失った歯の数と動脈硬化度に有意な関連があることを証明した。

動脈硬化が原因となって発症する病気で亡くなる人は非常に多い。

助かっても脳梗塞や心筋梗塞などの後遺症によるリハビリや介護など、医療費の増大が大きな社会問題となっている。...

全文はこちら ⇒

記事提供

© 大学ジャーナル

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる