インプラント治療後3年以上 40%余にあごの骨の病気や炎症

カテゴリー
記事提供

© NHK NEWS WEB

インプラント治療後3年以上 40%余にあごの骨の病気や炎症

11月8日は語呂合わせから「いい歯の日」とされています。歯を失った人には、希望に応じて、金属を埋め込んで人工の歯を取り付けるインプラント治療が行われるようになっていますが、この治療を受けて3年以上たった人の40%余りが、細菌に感染することであごの骨が溶ける病気や、この病気になる前の段階の炎症を起こしていることが、学会が行った初めての調査でわかりました。専門家は、定期的に検診を受けるよう呼びかけています。

歯のインプラント治療はあごの骨に金属を埋め込んで人工の歯を固定するもので、入れ歯よりも見た目が自然で、自分の歯に近い感覚が得られるなどとして希望する人が増え、国内ではおよそ300万人が治療を受けたと見られています。

この中で、治療した部分の周りに細菌が感染して炎症が起き、金属を埋め込んだ骨が溶けるインプラント周囲炎という病気になる人が増え、日本歯周病学会が全国の実態を初めて調査...

全文はこちら ⇒ インプラント治療後3年以上 40%余にあごの骨の病気や炎症

記事提供

© NHK NEWS WEB

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる