「歯垢」つくる酵素から、耐熱性に優れた樹脂を開発 東京大学ほか

カテゴリー
タグ
記事提供

© 大学ジャーナルオンライン

「歯垢」つくる酵素から、耐熱性に優れた樹脂を開発 東京大学ほか

東京大学、東京農工大学、京都大学の研究グループは、虫歯菌の酵素から環境にも優しく、かつ耐熱性に優れた樹脂の開発に成功し、研究成果を「Scientific Reports」誌に発表した。

現在、再生可能な植物バイオマスを原料とした「バイオベースプラスチック」の開発が強く求められている。自然界に存在する高分子多糖類を利用した従来のバイオベースプラスチックの合成方法は本来の結合や構造を壊すものであり、バイオマスの特徴を活かしたものとはならない。...

全文はこちら ⇒ 「歯垢」つくる酵素から、耐熱性に優れた樹脂を開発 東京大学ほか

記事提供

© 大学ジャーナルオンライン

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる