【プレスリリース紹介】先進の技術が築く、高機能なポーセレンファーネス「プログラマット P710 」を新発売

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

P710

Ivoclar Vivadent 株式会社(東京都文京区 代表取締役社長 毛塚 耕史)は、高機能な歯科技工用ファーネス「プログラマット P710」を2016年5月2日に発売します。

プログラマットは、長きに渡り世界中の様々な環境で臨床を支え、実証を繰り返してきたファーネスです。IPS e.maxをはじめ、 高品質なIvoclar Vivadent 製品が、簡単にご使用頂けます。

DSA(デジタルシェード測定)機能

新しくプログラマットに加わった専用のDSA(デジタルシェード測定)機能により、信頼できるシェードを簡単に決定できます。撮影した歯のシェードを、選択した3本のシェードガイドと比較して自動で識別し測定します。測定した歯に一番近いシェードを表示します。

赤外線カメラの特長

プログラマットP310/P51 同様に、底面からも熱を伝える新しい「SiC 焼成テーブル」を採用し、さらに、耐久性が向上したマッフル(QTK2)との組み合わせで、より均一な熱伝導と焼成で、高品質な修復物を安定して製作できます。

より安定した品質

プログラマットP310/P510同様に、底面からも熱を伝える新しい「SiC 焼成テーブル」を採用し、さらに、耐久性が向上したマッフル(QTK2)との組み合わせで、より均一な熱伝導と焼成で、高品質な修復物を安定して製作できます。

新しい特長

  • DSA(デジタルシェード測定)機能
  • Bluetooth 接続によるハンズフリー電話機能
  • 3段階焼成プログラムおよび2 段階徐冷プログラム
  • グレーズ調整機能
  • 日本語による音声ガイダンス

その他の特長

  • マッフルの耐久性が従来機種(プログラマットP700)に比べ25%向上
  • マルチメディア機能(PDF 表示、画像表示、動画再生、画像再生)
  • 無線LAN 接続によるプログラマットアプリとスマートフォン間での情報伝達
  • 2つの温度域でキャリブレーションができるATK2 を使用して、正確な温度で焼成可能

概要

  • 発売日:2016年5月2日
  • 一般的名称:歯科技工用ポーセレン焼成炉
  • 販売名:プログラマット P710
  • 届出番号:13B1X10049IVP710/ 一般医療機器
  • 推奨アクセサリー(別売):バキュームポンプ VP5
詳細(pdf)はこちら お問い合わせ
Ivoclar Vivadent 株式会社
マーケティング
TEL:03-6801-1306
FAX:03-5844-4848
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる