骨代謝制御の新機序 骨芽細胞の遊走低下が関係

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

骨粗鬆症に至る骨量減少に、骨芽細胞の遊走の低下が関係する-。東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科准教授の江面陽一氏、同教授の野田政樹氏らの研究グループは、骨代謝制御の新たな仕組みを解明した。国際科学誌「Proceedings of the National Academy of Sciences USA」オンライン版(11月30日)で発表している。 提供:日本歯科新聞社
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる