政府が試算 最大で20万床削減可能

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

2025年に必要な病床数は、13年の134万6,900床より最大で20万床の削減が可能-。政府の社会保障改革推進会議の「医療・介護情報の活用による改革の推進に関する専門調査会」(会長=永井良三・自治医科大学長)が6月15日に公表した。地域別では大都市部では不足、それ以外は過剰になる見込みで、鹿児島県の35%減を始め41道府県で削減が可能。一方、東京、大阪、千葉、埼玉、神奈川などでは病床が1割前後不足する。  提供:日本歯科新聞社
記事提供

© Dentwave.com

新着ピックアップ


閉じる