米国う蝕予防プログラム 砂糖消費減少目標業界の意向で隠す

カテゴリー
タグ
記事提供

© Dentwave.com

アメリカが1971年に国家事業として実施したう蝕予防プログラムにおいて、砂糖消費の削減の目標が砂糖業界の意向を反映して意図的に隠されていたという。カリフォルニア大学サンフランシスコ(UCSF)のCristin E. Kearns氏らが、イリノイ大学のRoger Adams名誉教授(有機化学)が残した砂糖業界とのやり取りを記録した議事録や書簡集などの資料を検証して分かったもの。 提供:日本歯科新聞社
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる