タンパク質「Fbxw7」がん転移に発現量が関係

カテゴリー
タグ
記事提供

© Dentwave.com

タンパク質「Fbxw7」の発現量の低いヒトは、がんが再発・転移しやすい-。九州大学生体防御医学研究所の中山敬一主幹教授らの研究チームは、がんの増殖や転移を手助けする「がんニッチ」の制御に重要なタンパク質を発見し、マウスを使った実験でCCL2阻害剤によって、がん転移の抑制に成功した。 提供:日本歯科新聞社    
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる