唾液検査 発症前の介入目指す-UCLAらがシステム開発へ

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

「Clinical Chemistry」誌の1月号掲載の概要によれば、唾液を検体として糖尿病、がんなどの多疾患のリスクを検査し、発症の早期発見につなげるシステムがアメリカ・UCLAのDavid Wong氏らの研究グループによって開発されようとしている。Wong氏らは過去10年にわたり、唾液のバイオマーカーを検証。唾液から検出される特定のRNAの分子と疾患との関係を明らかにしてきた。 提供:日本歯科新聞社
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる